* 動脈硬化って?

 

動脈硬化というのは全身の血管がしなやかさを失い、詰まりやすくなる現象です。

気が付かないうちに進行し、血管が詰まって突然 緊急入院しなければならないような病気を発症します。

かつて成人病、今は生活習慣病といわれている 脂質異常症、高血圧、糖尿病などが、まったく自覚症状がないのに治療しなければいけないのは、これらの病気が動脈硬化を引き起こすからにほかなりません。

 

動脈硬化の結果 血流障害が起こったときにダメージを受けやすい代表的な臓器が、心臓と、脳です。

そのほか、血液から尿を作る腎臓なども 動脈硬化の結果 臓器の働きが落ちてしまいます。

認知症にも動脈硬化が関係しているといわれています。

 

動脈硬化の原因はたくさんあるのですが、とくに悪玉コレステロールと言われる「LDL コレステロール」を下げることが大切です。

LDLコレステロール 以外では、

高血圧、糖尿病、喫煙、慢性腎臓病、メタボリック症候群など、です。

患者さんの年齢や性別や家族の病気などで、血管病変の危険度が変わってきます。

これらの異常を指摘されましたら、一度受診してください。

2017.09.13 Wednesday * 13:13 | 【健診】 | comments(0) | -
Comment









<< グランドカバー | main |